二十六夜待ち

作品概要

「海辺の生と死」の越川道夫監督が佐伯一麦の同名小説を映画化し、東北の小さな町を舞台に紡ぐ大人のラブストーリー。震災ですべてを失い、福島の叔母の工務店に身を寄せる由実は、路地裏にある小さな飲み屋で働くことに。店主の杉谷は過去の記憶を失っており、覚えていることは手が料理をしていたということだけ。周囲の温かな人々に囲まれながらも、杉谷の心はいつも怯え、自分が何者か分からない孤独を抱え込んでいた。ともに心に傷を抱えた由実と杉谷は、やがて引き寄せ合うように心と体を寄り添わせるようになるが……。杉谷を井浦、由実役を黒川が演じる。
(C)2017 佐伯一麦/「二十六夜待ち」製作委員会

放送時期
2017年12月~
主な出演者
井浦新、黒川芽以 他
監督
越川道夫

撮影ロケーション

・平田町等の商店街
・新川河川敷
・平稲荷神社
・尼子橋   など

関連記事

  1. 福島タイムラプス 震災7年目の映像詩

  2. テレビ東京「昼めし旅」

  3. 映画『超高速!参勤交代』

  4. ドラマ『絶景探偵。』

  5. 映画『彼女の人生は間違いじゃない』

  6. バラエティ番組『有吉の壁』